グッドキャット
ニャンコ好きなさんちゃんの日記ブログです。
 
<< Firefoxのオートコンプリートにて個別に削除 | main | 外付けHDD(NAS)の修理(換装) 第二章 実作業編 >>
外付けHDD(NAS)の修理(換装) 第一章 前置き&準備編

JUGEMテーマ:日記・一般

 

メルコ(バッファロー)のNASである、型式「LS-H500GL」が、

なんだか書き込みが遅くなったり終いには、エラーで止まった。

はて?とおもって、付属ソフトのNAS Navigator2で確認してみると、

フォーマットせよ!という結果になってた。

ちょっと、まて!まってくれ!アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

HDDの中身どうするねん?

 

ここから、地獄が始まったのである。

しかたなく、ブラウザからIPドレスで設定(リンクステーション)を

開いて指示通りにフォーマットしました。

フォーマットしたけど、何も上書きしてないから、救出しなくては!

メルコさんの問い合わせフォームより、伺ってみたが、返事こない・・・

最悪だなぁー(´・ω・`)

 

復活ソフトをたちあげてみたけど、NASは表示されない。

外付けHDDだからかな?次に

LS-H500GLを開けて、中のHDDを取り出してみた。

その時、サムソン電子の製品であることが、今回はじめてわかった。

サムソンさんか。。。

これは、HDD逝ってるかな?

 

外したHDDを、エプソン エンデバー 4300Proの空きスロットに入れた。

このPCは、フロントパネルをあけて、簡単にHDDのいれかえができるのである。

ディスクの管理を見ると、どうもフォーマットが違うようだ?

4つのパーテーションに別れてた。復活ソフトも認識してくれない。

 

ここから試行錯誤を始めるのである。

パーテーションを削除して、PCのフォーマットをしてみた。

それでも、復活ソフトではだめだった。

もう全部領域を消して、LS-H500GLに戻した。

もう、データは諦めたのでした。

また、フォーマットすればいいか?と、安易に考えていた。

だが、フォーマットどころか、認識しなかった!

これって?もしかして、HDD換装と同じ結果になってる?

HDDに、NASが起動するデータが組み込まれてた?

そういえば、ディスクの管理をみたときにそれらしかったなぁー(汗)

 

もう、これは先人の行った方法でするしかない!

そして、検索にかかった。

HDD換装したという記事は、意外と多かった。

どれも、同じような感じだけど、わずかに、それぞれ違う。

はて?どれを信じたらいいのだろうか?

 

それぞれの情報をなんとなくまとめてみた。

1:パソコン

パソコンは、OSが、ウィンドウズXPのはいったPCが必要なようである。

私は、エプソン エンデバー 4300Pro は、ウィンドウズVISTAの時代に

あえて、OSをXPにしてBTO仕様で購入した。

XPからHDDの増設を兼ねて、OEMでWindows7(64bit)Proを購入しました。

ウィンドウズ10への無償アップグレードは迷いましたがアップグレードしました。

色々不具合もあったり、動きは不安定。

うんざりして、ウィンドウズ10をクリーンにンストールするついでに、Windows7と

デュアルブートにしちゃおう!いやっ、ついでだからXPも入れとくか!

ってことで、トリプルデュアルブートPCになってしまった経緯があり、XPマシンは

もう、準備できていました。

 

2:機材

LANケーブルが必要です。

クロスケーブルを使わないと、ストレートケーブルでは認識しないと書いてた人。

ハブとクロスケーブルがあったほうが無難なようだ?

幸い、どちらもある。

直結ストレートでも行けると書いてる方もいらっしゃった。

私の場合は結果として、パソコンとNASをストレートのLANケーブルで直結で動いた。

 

3:ソフト

パソコンとNASを接続するソフトがいるらしい?

それは、TFTPDというソフトで、さとさんという方が

フリーウェアとして公布していただいてる。

感謝なのである。

ここにあります。

ありがとうm(_ _)m

作業内容で共通して書いてるのが、

最新バージョンは相性問題でうまくできないということだった。

サイトページの下のほうに、旧バーションもあるので、そちらから TFTPD Ver 1.01 を

選んでダウンロードしました。

解凍するだけで使えるようです。

 

4:ファームウェア

HDDにファームデータがないから?よくわからないが、ファームウェアを入れないと

外付けHDD(NAS)として動かないようです。

メーカーさんより、ダウンロードしています。

ここにそのファイルがあります。

Ver.1.07β をダウンロードしました。

それを解凍しておきます。

 

5:特殊作業

ファームウェアをそのままインストールするのでなく、特殊な細工が必要なようである。

ここらへんが、わからん(笑)

先人のお知恵に強く感謝でござる。

ダウンロードした、ファイル lshgl-107b.exe は自己解凍形式の圧縮ファイルです。

このファイルを解凍して、ファイル initrd.img というファイルの拡張子.imgを.zipに変更する。

拡張子を変更したファイル initrd.zip を解凍する必要があるけど、

簡単でなく、暗号ファイルのようである。

解凍にはパスワードが必要なようである。

そのパスワードは

NFM_TUPSBHFNFM_TUPSBHF
1NIf_2yUOlRDpYZUVNqboRpMBoZwT4PzoUvOPUp6l
aAhvlM1Yp7_2VSm6BhgkmTOrCN1JyE0C5Q6cB3oBB
YvSInIQopeipx66t_DCdfEvfP47qeVPhNhAuSYmA4
IeY8omJwGlGkIbJm2FH_MV4fLsXE8ieu0gNYwE6Ty

の5通りのどれかのようです。

情報元URLはここです。

ちなみに、私は2番目だったかな?(もう忘れた)。

解凍できたファイルは、次のようなファイル名になります。

ファイル名  initrd.buffalo

このファイルとは別に、ファームウェアを解凍したファイル群の中に

ファイル uImage.buffalo があるので、それをコピーして取り出します。

ファイルinitrd.buffaloと、ファイルuImage.buffaloを、

自分でわかりやすい場所にフォルダを作成して、そのフォルダに2つのファイルを詰めます。

私は、C:¥HGL¥ にしましたけどね^^

 

ここまでが、前準備です。

 

第二章へ
【2017.12.14 Thursday 01:54】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする(※スパム対策のためコメント欄にURLを含むと拒否されます)