グッドキャット
ニャンコ好きなさんちゃんの日記ブログです。
 
<< ウィンドウズ10の覚書き 5 PCアカウントが正常な方法で出来なかったので別手段 | main | ウィンドウズ10の覚書き 7 ショートカットを作成するときに覚えておくと便利 >>
ウィンドウズ10の覚書き 6 マイクロソフトアカウントを作成なしでユーザー追加をする方法です。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

マイクロソフトアカウントを作成なしでユーザー追加をする方法です。

 

今回、Windows10 Home でのユーザー(アカウント)を追加する方法を忘れない

ためにここにメモっておきます。

アカウントが別にあれば例えば、同じパソコンを家族でつかうときに、

パソコンの内容を勝手にされないようにするために、制限付きアカウント(標準ユーザー)を

追加で作成して、家族や子供などには、そのアカウント(標準ユーザー)で使用させるなど

するのもいいかも?

または、自分用に違う設定などでパソコンを視聴したいときに切り替え用として

追加するのもいいかもね。

 

管理者と標準ユーザーの違いは、管理者は、パソコンのすべての設定などができますが、

標準ユーザーは、たとえばインストーラーのあるソフトなどをパソコンにインストールできません。

(標準ユーザーで使用中でも管理者のパスワードを知っていれば、インストールできすようです)

Windows10 Pro など上位なWindows10では、標準ユーザーに該当すると思われる Users という

権限のほかに、専門的なよくわからん種類があります(笑)。

 

※画像は最大サイズ400x400ピクセルにサムネイル化していますので拡大できます。

(元が小さい画像はサムネイル化してないです)。

 

Windows10 Pro など上位なWindows10では、以下の方法ではできませんでした(汗)

ので、こちらを参考にしてみてください。

 

スタートメニュ(Windowsの田のマーク)を右クリックして設定をクリックします。

 

Windows の設定が開きます。

アカウントをクリックします。

 

ユーザーの情報が開きます。

家族とその他のユーザーをクリックします。

 

家族とその他のユーザーが開きます。

その他のユーザーをこのPCに追加をクリックします。

 

Microsoft アカウントが開きます。

このユーザーのサインイン情報がありません をクリックします。

 

次もMicrosoft アカウントが開きます。

Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する をクリックします。

 

次もMicrosoft アカウントが開きます。

私は仮に、tarou というユーザー名にしました。

tarou というアカウント名でサインインできます。

パスワードを同じなのを2度、入力します。

このパスワードは、Windowsにサインインするときのパスワードです。

最後の枠は、パスワードに対するヒントです。

パスワードと同じはできません(しないでしょうけど)。

次へをクリックします。

 

家族とその他のユーザーが開きます。

これで、新しくアカウントが追加されました(再起動後にサインインすると完了です)。

 

ですが、いまの段階では、追加したアカウントは、標準ユーザーです。

標準ユーザーでなく管理者でアカウントを作りたいのであれば、他のユーザーの

箇所にある新しく作ったアカウント名の部分をクリックします。

 

次に、アカウントの種類の変更をクリックします。

 

アカウントの種類の変更が開きます。

アカウントの種類の箇所の標準ユーザーをクリックします。

 

管理者と、標準ユーザーが並ぶので、管理者を選びます。

 

OKをクリックします。

 

家族とその他のユーザーに戻りました。

これで、管理者アカウントになりました。

 

パソコンを再起動します。

アカウント出来上がっています。

新しく作ったアカウントを選んで、パスワードを入力してサインインします。

起動するまで設定などでちょっと時間がかかります(初回のみ)。

 

 

【2017.10.25 Wednesday 16:42】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする(※スパム対策のためコメント欄にURLを含むと拒否されます)