グッドキャット
ニャンコ好きなさんちゃんの日記ブログです。
 
<< ロジクールのマウスとキーボードが認識しなくなった | main | ピンク醤油なるものを >>
実際に中身のある缶詰を缶切りで開けてみた。

実際に中身のある缶詰を缶切りで開けてみました。

画像貼り付けブログになっていますが、

画像をクリックするとちょっとだけ大きくなります。

 

今回使った缶切りはこれです。

Love-KANKEI 缶切り 缶オープナー 安全缶切り ブラック

 

業務用のうずら卵の水煮です。

 

すでに開缶してますが、簡易的な蓋になっています(載せるだけ)。


 

こんな感じです

ポンと載せるだけですけど、蓋になりますよー

 

蓋部ですね

 

ギザギザもなく縁に段はないです。

中身はこんな感じ

 

ペン立てにとかキッチン用品たてになる っていうか、
すでにしてるけど(笑)

 

大きな缶詰だから、こんなに入ります(笑)

でもね、いままでは、大きな缶切りで切ってたけどでも、内部のギザギザが

若干あります。

 

でも、今回の缶切りでは、縁は段もなく危険も少ないです。

 

切れてる位置は、缶詰の筒と蓋を一緒に巻き込んで密閉してる
巻締めの外側(蓋側の部位)の金属1枚分です

 

いままで、何かに利用しようとすると、
缶の内側をギリギリときってたので、
中身を洗うときに、怪我しそうできをつけてたけど、
これはそこまで危険ではないみたいです。
何よりも缶の内径が全部有効に使えるのがいいね。
缶のこの部分を切っています。

 

缶切りにはちょっと力がいるな(汗)

 

これは空き缶だったけど、こんな感じで切っていきます。

 

じつは、うずらの串揚げを作ろうとおもったんだけどね。
竹串もある、薄力粉もある、パン粉もある、卵もある。
揚げ油も、たぶんある。
でも、そのまま食っちまったよ(´・ω・`)
※1缶全部じゃないからね(汗)←いくらすきでもね。
そのままでも、美味しいけど、やっぱ物足りないね。
うずらの串揚げすきなんだよなぁ〜
次の缶で作ろうかな?
この缶は、うずらの卵が56個はいっていました。

【2017.01.20 Friday 03:27】 author : さんちゃん
| - | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする(※スパム対策のためコメント欄にURLを含むと拒否されます)