グッドキャット
ニャンコ好きなさんちゃんの日記ブログです。
 
ウィンドウズ10の覚書き 11 日本語入力が重い

JUGEMテーマ:日記・一般

 

自分の備忘録ですが、検索などでたどり着いた方にもお役にたつといいですね\(^o^)/

 

時々、いや、けっこう頻繁に起こるのだけど、イラッとすることがあります。

それは、日本語入力が重い状態になり、誤植の原因にもなります。

 

※尚、これは、Google 日本語入力の場合です。

 

タイピングしてると、打ち込んだキーに対して、文字が出てこない。

しばらくして出て来る。

そのせいで、あれ?と二度うちになり、バックスペースキーで戻そうとしても

動きが、ダブつく。

Google日本語入力を使っていて、こういうことないですか?

これが、マイクロソフトのMicrosoft IMEの場合はわからないです(汗)

顔文字辞書を含め、いろんな辞書登録(自己作成リストも)は、

すべてGoogle日本語入力にだけ登録しています。

ときに、チャットやコメントなどでなく、通常文章のとき、顔文字やら、なんやらと

いっぱい変換候補がでて、邪魔になることがあります。

そういうときには、Microsoft IMEでタイピングしています。

 

前置きが長くなりましたが、どうしてなのか?ずっと前からの悩みのタネでした。

 

調べてみると、Microsoft IME が関係してるようです。

 

ウィンドウズ10での説明となりますが、他のバージョンでも、基本は同じ?かなと思います。

左下(標準的にはここ)にある、田(ウィンドウズのアイコン)を、

クリックして出ていたウィンドウの上方にある、すべてのアプリをクリックします。

(画面の色の紫は、自分の好みですので関係ないです、私、所有の各PCで色を変えてます)

 

すべてのアプリケーション(スタートメニュに登録されてある物)より、

Windows システムツール→コントロールパネルの順でクリックします。

 

コントロールパネルが開いたら、時計、言語、および地域をクリック。

 

言語をクリック。

 

言語設定の変更より、オプションをクリック。

 

Microsoft IME 側のオプションをクリック。

 

Microsoft IME の設定より、詳細設定をクリック。

 

予測入力を使用する似、チェックマークが入っていると思います。

それのチェックを外します。

そして、適用→OKの順にクリック。

 

最後に、保存をクリックして、窓を閉じます。

 

最後に、パソコンを再起動したら終わりです。

【2017.12.29 Friday 02:10】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
ウィンドウズ10の覚書き 10 拡張子の関連づけ解除

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最近、悪戦苦闘しているPHPファイルの改変。

もう諦めた(笑)

便利に開こうと、TeraPadというテキストアプリで開いてたけど、毎回面倒なので

関連付けしてしまった。

しかし、もう諦めたら、このPHPファイルが、TeraPadというテキストアプリのアイコンになってて

間際らしいし、似合わない風貌(関連付けされて、アプリのアイコンを身にまとったファイルになった)。

これは、なんだかやだなぁー

関連付け外しとこ!

すぐ忘れるから、ここに記しておく。

ファイルは、single.phpです。

拡張子は .php です。

 

関連付けは簡単です。

変更もわりと簡単です。

でも、関連付けを解除するのはめんどくさい (〃゜д゜;A アセアセ・・・

 

レジストリエディタを起動します!

キーボードの、WINキー+Rキーを押します。

ファイル名を指定して実行ウィンドウが開くので、

regeditと入力してOKをクリック。

 

最初に、手違いでわけわからなくなったときに備えて、バックアップを心配なら取りましょう!

ファイル→エクスポート

これで、適当に名前をつけて、わかるところに保存しておきます。

 

復元するときには、レジストリエディタを起動して、スタート→インポートで、保存しておいた

バックアップファイルを選ぶだけです。

私は、aというファイル名にしました。

万が一のときは、これをインポートすれば復元するはずなんだけど、どうしたことか?

うちのPCでは、こんなエラーが出た(笑)

ウィンドウズ、ほんとわけがわからん (ーー;)

ま、実験的に復元テストをしただけで、べつにすることはないのだけど、こんな

ことになるかもしれないので、システムの保護から、復元ポイントを予め

作っておいて、そこに戻るのは賢明かも?

やり方は、検索したら出てくるとおもいます。

 

本作業に入ります。

※私は、PHPファイル(ファイル名.php)ですが、他の拡張子でもやり方は同じです。

違うのは、その関連付けを解除したい拡張子を、説明のphpと入れ替えて

作業してください。

 

レジストリエディタより

まず、左の枠内にあるコンピュータ→ HKEY_CURRENT_USER→Software→Classes→.php

.phpフォルダごと削除します。

 

それと、左の枠内にあるコンピュータ→ HKEY_CURRENT_USER→Software→Classes→php_auto_file

php_auto_fileフォルダごと削除します。

あとひとつ、左の枠内にあるコンピュータ→HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft
→Windows→CurrentVersion→Explorer→FileExts.php
.phpフォルダごと削除します。

それからレジストリエディタを閉じて、パソコンを再起動します。

真っ白いアイコンにもどりました。

これで、phpファイルの関連付けは解除されました。

 

つい、関連付けちゃうことありますよね(汗)

 

【2017.12.26 Tuesday 20:09】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
ウィンドウズ10の覚書き 9 デスクトップ画面が突然に白黒画面になった!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

あるサイトのパスワード枠に、入力ができずに、あれ?なぜ?

ってアレコレしてたその時、突然に画面が白黒になった!

パスワード入らなかったし、もしかしてあのサイトが原因によるウイスル感染か?(大汗)

と、思いながら、いやっ、ちがうだろう?

偶然に、いつものウィンドウズバグだ!きっとそうだ〜

(もう慣れっこ)

と思って、PCを再起動。

同じ白黒画面だった!

(*・・)ヾ⌒☆しまった・・・・・

やばいぞ、これは!

ってことで、予め作っておいた復元ポイントの一番最近のを選んで復元しました。

そしてカラーに戻ったけど、最後にインストールしたデジカメ専用ソフトが消えた!

治ったからいいようなものだけど、なぜそうなったのか?

次回も、あり得るので調べてみた。

新機能?まったくありがたくないことをまたやってくれましたねー

これ、WIN(ウィンドウズロゴ)キー+CTRLキー+Cキーの同時押しで切り替わるようです。

試しに、WINキー+CTRLキー+Cキーの同時押しで、

白黒→カラー→白黒の感じでカラーと白黒が入れ替わりました。

ってことで、もしもこうなったときには、WINキー+CTRLキー+Cキーの同時押しです。

ALTキー+CTRLキー押してたつもりが、隣のWINキー教えてたんだね、きっと(汗)

ストレスたまります(笑)

【2017.12.21 Thursday 03:26】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
Amazonビデオがエラーに

ブログ、引っ越しました。

 

引越し先はこちら

 

【2017.12.20 Wednesday 17:41】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
ウィンドウズ10の覚書き 8 ネットワークからPCが消えた応急処置

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ネットワークから見えない。

ウィンドウズ10に限らず、ウィンドウズ7やその他のPCでも発生します。

 

何が原因か?わからないけど、いつのまにか、ネットワークからPCが見えなくなってる。

例えば、私の場合、A・B・CのPCがあるとして、またNASがあるとします。

*AからBやC、またNASも見える。

*BからB(自己PC)は見えるけど、他のAは見えるけどやCは見えるない、

AそしてNASもみえない。

*Cは、PCのグループすべて見えない。

なんてことになったんです。

 

A・B・C、およびNASには共有フォルダを設定していますし、

共有の設定に問題ない場合。

どうしたらいいのか?

あれこれ、試行錯誤を繰り返しました。

 

ファイルのやり取りができないわけではないのです。

たとえば、BやCのからAはみえなくても、Aからは、BやCのが見えてるし

そのBやCのには共有設定したフォルダがあるとします。

Aから、BやCのにファイルのコピーや移動をするのには、普通にできますが、

BやCのなどから他の見えないPCの、たとえばAにファイルのコピーや移動をするのには

BやCの自己PCにある共有フォルダに、一旦移して、Aがそれを拾う。

だが、こんなめんどくさいことできない(汗)

 

ググっては、試し、色々試行錯誤して見たけど、解決には至らなかった。

ほんと、泣かせてくれますわ!Windowsってさぁー

なんでやねん?

 

で、もしかしてショートカットファイルをつくって、そのファイルをクリックしたら

いけるんじゃね?つながってるんだけど、見えないから不便な訳だし・・・

 

PC名は、PCを右クリックしてプロパティなどで表示できると思います。

 

どこでもいいので作りたい箇所で(たとえでデスクトップとか、

私はプログラムランチャアプリをつかってるからそこにつくりましたけどね。

例えば、デスクトップとして、空いた場所で右クリックして、

新規作成→ショーットカットを選択してクリックします。

 

そして、¥¥PC名を枠内に入力します。

そして次へをクリック。

¥¥は半角文字です。

 

現在、LAN上に無いPC名だと、エラーになります。

 

LAN上に存在する共有できるPCなら、このような画面がでますので

完了をクリックします。

 

このようにショーットカットファイルができるので、とりあえず、この

ショートカットをクリックすると、他のパソコンと共有できます。

 

一旦作ってしまえば、以降、互いのPCの電源が入っていれば、このショートカットで

なんとかなります^^

 

【2017.12.18 Monday 02:27】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
外付けHDD(NAS)の修理(換装) 第三章 物理的修理

JUGEMテーマ:日記・一般

 

第二章の続きである。

 

第一章、第二章で工程的に成功してるのだけど、実はその前に、ハード修理というか

物理的な修理をしました。

壊れた電子部品の交換です。

 

第一章、第二章出やってるときに、すでに気がついていたのですが、電解コンデンサーの膨らみ。

電解コンデンサーって、なかに電解質な液体が入っているんですが、何かの事情でコンデンサーが

ぷっくり膨らんでくるんです。

時には爆発しちゃうこともあるようですが、私はまだ、そんな悲惨な状況は見たことないけどね^^

 

ちょっと膨らんでるかな?ってくらいだし、まだいけるんじゃね?

って考えたのが甘かった!

今、考えてみれば、後部のファンもまわってなかったし、ハードディスク(以後、HDDと省略)も

振動してないし、温かくもならなかった。ファンもHDDも回ってなかったと思います。

 

部品を調達してこなくては!てことで、その前に

ぐぐってみると、どうもこの部品、交換しましたって言う人いるみたいです。

やすい中華メーカー?のは、ホント安いですが(1個あたり30円とか)、今ついてる部品は

中国メーカー?なのかわからないけど、きっと安い部品なんでしょうね?

信頼のパナソニックにしました^^

届いた商品と、今ついてる部品の大きさがなんだか違う?

容量同じだし、許容電圧もおなじはずなのになぁー?

 

(゜0゜)アッ!

 

許容電圧が違うじゃん!!!

ちなみに取り付けた後に何気なく、壊れたコンデンサー見てて気がついた。

おかしいな?って思ったんだよ(汗)

でも、パナソニックだからいいの(笑)

開き直りモード入りました(^o^)v

だって、取り付けられたし、ちゃんと収まったし、動作に問題ないし〜

いまさら、変える必要もないし〜

 

参考にはなりませんが、私の購入したのを掲載しておきますね(汗)

Amazonに出店してるショップにあります。

150円のようですが、送料は200円。

※下記画像は、商品ページにリンクされてます。

 

ちなみに、HDDは、内蔵してたサムソンのHDDでは動作しなかったので、中古のHDDを購入しました。

内蔵されてたのは、500GBなのだけど、だめと思ってLS-H500GL(以後、NASと省略)を

捨てるつもりでした。

ダメ元で、ヤフーオークションにジャンク、部品取りとして出品しようかとも思ってたからね(-_-;)

お金もないし、安く済ませたくて、中古品でしかも容量は小さくなるけど、

そこは妥協してHDDは、160GBにしました。

Western Digitalだし、いいかなって(笑)

私は、アマゾンプライム会員だから、非会員の送料はわからないけど、販売は出店者さんですが

Amazon発送だったので送料は無料で、1380円でした。

※下記画像は、商品ページにリンクされてます。

 

部品を手配して届いたその日に、早速に修理しました。

 

まずは、ケースを開きます。

NASを逆さまに立てて、ビスを1本はずしたら、前面パネルが外れます。

 

左右の側面板は、フロント側に引っ張ると外れます。

 

これが、大まかにばらした全部です(まだ基盤は外してないです)。

 

赤い矢印のコネクタを外します(画像右側のコネクタは付け外しがやりにくいので

壊さないように注意してね、右のコネクタは、基板を外してから私は外しました)。

後部パネルは、なかなかばらせなかったので、やりにくいですが、この状態でしました。

黄色い矢印の箇所にある合計2本のビスを外します。

 

今回、私が交換する故障部品は、先(↑)の画像で左側にある画像の緑色の電解コンデンサーです。

10V 2200μFです(この時点では、16V 2200μFと思いこんでた)。

 

 

基板が外れたら、コンデンサーを固定してるシリコンゴムのような白い固着物を

コンデンサーに沿って、カッターナイフで削ぎます。

そして、基板のうらから、ハンダゴテで、半田を取り除いて不良部品を外します。

 

ハンダを吸収する道具(吸引)や、ハンダを染み込ませて取る銅線を編み込んだ物もなかったので、

車の電装などで使ってた電線のあまりがあったので、その電線の被覆を剥いてハンダを吸わせました。

部品交換された方で書かれてる方がいましたが、この基板のハンダ、溶けにくいです(汗)

融点がちょっと高温なハンダかも?そういうときにはハンダを上から溶かしてやります。

コテ先の接触面が溶けたハンダで広くなり、溶かしやすくなります(勝手な自分の持論w)

 

基板剥離になることなく、無事に外れました^^

 

この電解コンデンサーは、極性があるのでまちがえないようにね。

マイナスマーク(横棒)が描かれてる面よりにある足がマイナス極になります。

基板の絵柄をよく見て注意しましょう^^

 

ちなみに、冒頭で書きましたが、部品のサイズが著しく違うのでおかしいな?と、

思ってたのですが、この作業のとき、気が付かずにいましたが、じつは

許容電圧が違いましたが、許容値が大きいから問題なしです(汗)

デカすぎて、ケースに収まるか心配してました(笑)

 

極性をまちがえないようにして、穴に差し込んで、ハンダ付けます。

そして、余分なリードを切り落とします。

 

ハンダ付けって何十年ぶりだろう?

ちゃちゃっとおわちゃったけど、なつかしくなった!

でもハンダ付けするものが、もうない(´・ω・`)

 

おわかりいただけるだろうか?

本来なら、左と同じ高さになるはずの右のコンデンサー。

 

基板固定してコネクタを差し込みます。

そしてケースを組み立てていくんだけど、大丈夫かな?干渉しないかな?と、

心配でしたが、側面板を無事にクリアーしました^^

 

この後、ケースを組み戻して、電源を入れると、後部ファンが回ってる。

HDDも回ってる振動が伝わります。

ってことで、修理完了でした。

【2017.12.15 Friday 03:07】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
外付けHDD(NAS)の修理(換装) 第二章 実作業編

JUGEMテーマ:日記・一般

 

第一章の続きである。

 

必要なものを揃えた!

ダウンロードして、使用するソフトは作業前にダウンロードして、パソコン内に

セット済みである。

 

※LS-H500GL(500の数字はHDDの容量による型式なので、それぞれです)を

以降、NASと省略します。

 

TFTPDと、NASをLANケーブルでつなぐと、

外部ネットとお別れになるのでダウンロードできなくなるからね。

 

TFTPDソフトを起動します。

タスクバーにある、TFTPDのアイコンを右クリックして、設定を選択します。

 

設定ダイアログが開くので、第一章の 5:特殊作業 で用意したフォルダを指定します。

そしてOKをクリック

 

XPパソコンのIPアドレスを設定します。

デスクトップより、スタート→コントロールパネルをクリック。

 

コントロールパネルから、ネットワークとインターネット接続をクリックして

そこからネットワーク接続をクリック。

 

ネットワーク接続より、

ローカルエリア接続を選択して右クリックして、プロパティを選択します。

 

ローカルエリア接続のプロパティより、

インターネット プロトコル (TCP/IP)を選択してプロパティをクリックします。

 

IPアドレスを自動的に取得するになってる場合は、次のIPアドレスを使うの

ラジオボタンに切り替えます。

(標準設定では、IPアドレスを自動的に取得するになってると思われます)

 

IPアドレスに、192.168.11.1 と設定します。

サブネット マスクには、255.255.255.0 と設定します。

そしてOKをクリックします。

 

LANケーブル(ストレートケーブル)をパソコンと、NASをつなぎ合わせます。

だめなときには、クロスケーブルとか、ハブを間に挟んんだりすればいいかな?

そして、NASは電源の電源を入れます。

赤ランプが点灯したら、ファンクションスイッチを長押しします。

(具体的な時間はわからないけど、私は10秒程度押してた)

 

タスクトレイにあるアプリアイコン TFTPD が赤色から、水色にかわりました。

僅かな時間です(そのとき、転送されたのか、どうかわからないけど)。

そして、それからアイコンは赤色に戻り、アイコンから吹き出しがでます。

この段階まで行けば、特殊作業 で用意したファイル2つはNASに転送されたと思います。

 

次に第一章での、4:ファームウェア で解凍したファームウェアから

ファイル LSUpdater.exe をクリックして、ファームウェアを起動します。

 

ここまでの工程が成功していれば、数値の入ったダイアログが出ると思います。

ファームウェアを更新をクリックします。

 

※実は、この段階まで行くのだけど、エラーになったりして、同じことを繰り返し

再チャレンジしていました。後にその原因がわかるのですが(汗)

そして、原因を解決したけど、HDDも壊れてるようで、フォーマットができないなど

結局、中古品で買ってきた160GBのHDDを換装することになりました。

 

はいをクリックします。

 

途中段階

 

途中段階

 

完了したら、ソフト NAS Navigator などで、確認しましょう。

 

※私はここで、WIN10に切り替えて、NAS Navigator2で設定をしました。

 

NAS Navigator2のドライブを右クリックして、Web設定で開くを選択します。

 

WEBブラウザより、リンクステーションの設定画面になります。

ログインのIDは、admin

パスワードは、password

です。

IPアドレス設定など、必要な設定は各自、それぞれとおもいますので適切な設定を!

 

忘れずに、ウィンドウズXPのパソコンのIPアドレスをもとにもどしておきましょう!

 

で、これでHDDの故障やHDDの容量増強などのために、HDDを交換するのは

これで終わりです。

 

だが、しかし、私の場合は、これでは終わらなかったんです。

この段階までいくのに、他の原因がありました。それはハード的な修理です。

その修理を終えて、

やっとの思いで、リンクステーションまでたどり着いたけど、フォーマットしたのに

フォーマットができてない。

そのために、共有フォルダも作成できないし、なにもできない(泣)

この段階で。疑ってたサムソンのHDDが本当に壊れていることを知りました。

おかしな音がしてたんです。

一定周期で、カチ、カチって聞こえてるんです。

HDDを中古品に取り替えて、NASは完全復活しました。

 

第三章へ

(ハード修理)

【2017.12.14 Thursday 04:16】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
外付けHDD(NAS)の修理(換装) 第一章 前置き&準備編

JUGEMテーマ:日記・一般

 

メルコ(バッファロー)のNASである、型式「LS-H500GL」が、

なんだか書き込みが遅くなったり終いには、エラーで止まった。

はて?とおもって、付属ソフトのNAS Navigator2で確認してみると、

フォーマットせよ!という結果になってた。

ちょっと、まて!まってくれ!アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

HDDの中身どうするねん?

 

ここから、地獄が始まったのである。

しかたなく、ブラウザからIPドレスで設定(リンクステーション)を

開いて指示通りにフォーマットしました。

フォーマットしたけど、何も上書きしてないから、救出しなくては!

メルコさんの問い合わせフォームより、伺ってみたが、返事こない・・・

最悪だなぁー(´・ω・`)

 

復活ソフトをたちあげてみたけど、NASは表示されない。

外付けHDDだからかな?次に

LS-H500GLを開けて、中のHDDを取り出してみた。

その時、サムソン電子の製品であることが、今回はじめてわかった。

サムソンさんか。。。

これは、HDD逝ってるかな?

 

外したHDDを、エプソン エンデバー 4300Proの空きスロットに入れた。

このPCは、フロントパネルをあけて、簡単にHDDのいれかえができるのである。

ディスクの管理を見ると、どうもフォーマットが違うようだ?

4つのパーテーションに別れてた。復活ソフトも認識してくれない。

 

ここから試行錯誤を始めるのである。

パーテーションを削除して、PCのフォーマットをしてみた。

それでも、復活ソフトではだめだった。

もう全部領域を消して、LS-H500GLに戻した。

もう、データは諦めたのでした。

また、フォーマットすればいいか?と、安易に考えていた。

だが、フォーマットどころか、認識しなかった!

これって?もしかして、HDD換装と同じ結果になってる?

HDDに、NASが起動するデータが組み込まれてた?

そういえば、ディスクの管理をみたときにそれらしかったなぁー(汗)

 

もう、これは先人の行った方法でするしかない!

そして、検索にかかった。

HDD換装したという記事は、意外と多かった。

どれも、同じような感じだけど、わずかに、それぞれ違う。

はて?どれを信じたらいいのだろうか?

 

それぞれの情報をなんとなくまとめてみた。

1:パソコン

パソコンは、OSが、ウィンドウズXPのはいったPCが必要なようである。

私は、エプソン エンデバー 4300Pro は、ウィンドウズVISTAの時代に

あえて、OSをXPにしてBTO仕様で購入した。

XPからHDDの増設を兼ねて、OEMでWindows7(64bit)Proを購入しました。

ウィンドウズ10への無償アップグレードは迷いましたがアップグレードしました。

色々不具合もあったり、動きは不安定。

うんざりして、ウィンドウズ10をクリーンにンストールするついでに、Windows7と

デュアルブートにしちゃおう!いやっ、ついでだからXPも入れとくか!

ってことで、トリプルデュアルブートPCになってしまった経緯があり、XPマシンは

もう、準備できていました。

 

2:機材

LANケーブルが必要です。

クロスケーブルを使わないと、ストレートケーブルでは認識しないと書いてた人。

ハブとクロスケーブルがあったほうが無難なようだ?

幸い、どちらもある。

直結ストレートでも行けると書いてる方もいらっしゃった。

私の場合は結果として、パソコンとNASをストレートのLANケーブルで直結で動いた。

 

3:ソフト

パソコンとNASを接続するソフトがいるらしい?

それは、TFTPDというソフトで、さとさんという方が

フリーウェアとして公布していただいてる。

感謝なのである。

ここにあります。

ありがとうm(_ _)m

作業内容で共通して書いてるのが、

最新バージョンは相性問題でうまくできないということだった。

サイトページの下のほうに、旧バーションもあるので、そちらから TFTPD Ver 1.01 を

選んでダウンロードしました。

解凍するだけで使えるようです。

 

4:ファームウェア

HDDにファームデータがないから?よくわからないが、ファームウェアを入れないと

外付けHDD(NAS)として動かないようです。

メーカーさんより、ダウンロードしています。

ここにそのファイルがあります。

Ver.1.07β をダウンロードしました。

それを解凍しておきます。

 

5:特殊作業

ファームウェアをそのままインストールするのでなく、特殊な細工が必要なようである。

ここらへんが、わからん(笑)

先人のお知恵に強く感謝でござる。

ダウンロードした、ファイル lshgl-107b.exe は自己解凍形式の圧縮ファイルです。

このファイルを解凍して、ファイル initrd.img というファイルの拡張子.imgを.zipに変更する。

拡張子を変更したファイル initrd.zip を解凍する必要があるけど、

簡単でなく、暗号ファイルのようである。

解凍にはパスワードが必要なようである。

そのパスワードは

NFM_TUPSBHFNFM_TUPSBHF
1NIf_2yUOlRDpYZUVNqboRpMBoZwT4PzoUvOPUp6l
aAhvlM1Yp7_2VSm6BhgkmTOrCN1JyE0C5Q6cB3oBB
YvSInIQopeipx66t_DCdfEvfP47qeVPhNhAuSYmA4
IeY8omJwGlGkIbJm2FH_MV4fLsXE8ieu0gNYwE6Ty

の5通りのどれかのようです。

情報元URLはここです。

ちなみに、私は2番目だったかな?(もう忘れた)。

解凍できたファイルは、次のようなファイル名になります。

ファイル名  initrd.buffalo

このファイルとは別に、ファームウェアを解凍したファイル群の中に

ファイル uImage.buffalo があるので、それをコピーして取り出します。

ファイルinitrd.buffaloと、ファイルuImage.buffaloを、

自分でわかりやすい場所にフォルダを作成して、そのフォルダに2つのファイルを詰めます。

私は、C:¥HGL¥ にしましたけどね^^

 

ここまでが、前準備です。

 

第二章へ
【2017.12.14 Thursday 01:54】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
Firefoxのオートコンプリートにて個別に削除

JUGEMテーマ:日記・一般

 

Firefoxのオートコンプリートにて個別に削除

どうやるんだ?

DELキーでき得ると思ってた(感覚的に)

消えない。。。

 

はて?

じゃどうやるんだろう?

検索して調べてみると、Shiftキー+DELキーできえるとどこも書いてる。

同じ結果だから信用できそうだ!

 

これで、やっとミスタイプで増えた間違えた余計な、オートコンプリートが

消せるぞ!

一文字間違いなどで、どれがただしいかわからなくなる。

だからって、うろ覚えだから、全部サイトの記録を設定で消すと、やばい。

 

選択する方法が間違えてた。

マウスで反転したらいいだけかとおもった。

私は調べたサイトでは、そこまで記載手してなかった。

 

出てきた候補を、矢印キー(↑↓)で選択して、Shiftキー+DELキーで消えました。

それくらい、わかるだろう!っていうことで記載してなかったのかもしれないですね。

 

どうして消えないんだ?

相当悩んだよ

(;´д`)トホホ

 

【2017.11.17 Friday 00:01】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |
ウィンドウズ10の覚書き 7 ショートカットを作成するときに覚えておくと便利

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ショートカットを作成するときに覚えておくと便利

 

ウィンドウズ10で実験、覚書。

 

ウィンドウズパソコンなどで、実行ファイル(.exe)などのショートカットファイルをつるくのに

実行ファイルにマウスカーソルを重ねて、右クリックして、送る→デスクトップ(ショートカットを作成)で

作ってたりしてたんだけど、もっとかんたんな方法があった。

 

 

実行ファイルにマウスカーソルを重ねて、右クリックして、右クリックのままスライド(ドラッグ)して

 

デスクトップなり、他の場所なりに、移動して置きたい位置で、右クリックを離します。

 

すると、選択画面がでるので

 

ショートカットをここに作成 を選びます。

または、Sキーを押すなどで、ショートカットができます。

 

デスクトップなら先の方法でもいいかも(汗)

この方法で、ファイルの移動やコピーもできるから、そっちが便利かも?

 

さて、ここからが私にとってもメモっておきたい事柄。

デスクトップなどに、実行ファイルなどのショートカットを作ると

○○〜のショートカットとか、WIN10では ○○ - ショートカット って

ファイル名になるんだけど、ショートカットって部分があるとファイル名が長くなるし

左下にショートカットである印のついたアイコンになるから、いらないって思って

手作業で変更していました。

 

その方法は、レジストリーを一部書き換えますので注意が必要だ(笑)

先に、バックアップしておくのもいいかも?

そっくり全部が無難かもね?

 

レジストリーエディタを起動します。

Windowsキー+Rキーをおして

regedit

と、いれます。

 

バックアップを先ずは安全のために作るのもいいかも?

無事にできれば、バックアップファイル捨てればいいし。

レジストリエディタが開いたら、ファイル→エクスポート。

 

レジストリ ファイルのエクスポートより、

エクスポートの範囲をきめて(すべて)、ファイル名と保存場所をきめて

保存をクリックします。

私の場合は、デスクトップに保険というファイル名にしました。

もし、戻すときには、レジストリエディタが開いたら、ファイル→エクスポート。

だけど、保存したレジストリーファイルをクリック(W)してもいいかも。

 

レジストリエディタより、

HKEY_CURRENT_USER→SOFTWARE→Microsoft→

Windows→CurrentVersion→Explorer で開いて右の枠に link という項目があればそれを

編集しますが、なければ作ります。

※HKEY_CURRENT_USERのところを、HKEY_LOCAL_MACHINEに間違えないように(笑)

同じ項目でありまして、最後に link という項目はないです。

間違えて作って、PC再起動したら、できなかったので気が付きました。

Explorerになっているときに、右の枠に link 項目があるとおもいますが

なければ、値を作ってください。

link の項目にマウスカーソルを重ねて右クリックして修正をクリック。

または、link の項目を反転させて、メニューから、編集→修正を選択します。

00 00 00 00 に値を変更します。

この場合は、1Eを00に変えるだけです。

OKをクリックします。

レジストリエディタを閉じて、パソコンを再起動します。

 

**************************************************

項目がないときには、

メニューから、編集→新規→バイナリ値 で作ります。

 

このPCにはないので、link という項目を作成しました。

 

作成した link の項目をダブルクリックして、

値を、00 00 00 00 と入力します。

 

画像は400x400にしていますので、画像をクリックすればおおきくなります

(これに満たないサイズは大きくなりません)。

ちいさいので、拡大鏡ソフトでおおきくしてみました。

 

レジストエディタを閉じて、パソコンを再起動します。

 

再起動後に、テストしてみてください。

ファイル名に続く、ショートカットって部分が

ついてないショートカットファイルができてるはずです。

ちなみに、既存のファイルにあるファイル名に続く、ショートカットは消えません(笑)

 

 

 

【2017.11.08 Wednesday 20:25】 author : さんちゃん
| パソコン | comments(0) | - | - | - |